台湾で7.7の地震!南海トラフ地震との関係性は?

2024年4月3日、台湾でマグニチュード7.7の地震が起こりました。台北などではビルが倒壊し、大きな被害を出しています。

過去にも地震が落ちており、ビルが倒壊しました。南海トラフ地震との関係性ですが、台湾にある地下の活断層が動いただけなので、関係性はありません。

南海トラフ地震は太平洋側の海のプレートが陸のプレートを引っ張りすぎて、元に戻る反動で起こります。その威力は今回の台湾地震よりも被害が大きく、津波も加わるため、かなりの災害となります。

死者も38万人と想定されており、日本最大級の地震に値します。政府の海底調査期間の報告では、プレートの動きやひずみの深さから2030年以内に80%の確率で起こると言われています。やはり我が国も早めの備えが必要です。政府の対応と世界各国の支援も必要になってきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました