【2024年最新版】南海トラフ巨大地震は予言されていた【都市伝説】

 

聖徳太子の予言 クハンダが来る=南海トラフ巨大地震が来る

聖徳太子は生まれつき予知能力に優れていました。その予知能力と政治力を活かして、日本の基礎を作りました。そしてこのような予言を残しています。

「私の死後二百年以内に、一人の聖皇がここに都を作る。そこはかってない壮麗な都になり、戦乱を十回も浴びてもそれを越えて栄え、一千年の間、遷都はないだろう。だが、一千年の時が満ちれば、黒龍が来るため、都は東に移される。それから二百年を過ぎたころ、こんどはクハンダが来るため、その東の都は親と七人の子のように分れるだろう」(原文ママ)

私の死後二百年以内に、一人の聖皇がここに都を作る→平安京だと分かります。794年から1869年まで日本の首都として残り続けました。

黒龍が来るため、都は東に移される。→黒龍は黒船来航だと分かります。江戸時代が終わり、明治になってから東京が首都になりました。ピッタリ的中しており、聖徳太子の凄さが分かります。

最後のクハンダが来るですが、これは南海トラフ巨大地震のことです。巨大地震により、日本が分断されるような被害が起こることを想定しています。ちなみにクハンダは末世に現れる悪鬼という意味です。止めようがない悪魔なので、早めの備えが肝心と伝えています。

未来人XYHの予言

2022年~2030年の間に起こると予言しています。いつ起きるかは正確に伝えていませんが、海底の亀裂が大きくなったことで、起きたと残しています。未来人の予言では31万人が犠牲になったとのこと。特に太平洋側の都市は大津波で壊滅状態となり、復旧にかなりの年数を要したと伝えています。

「XYH」は、南海トラフ巨大地震では31万人が犠牲になると語った上で「10万リツートでその惨状を撮った写真を公開する」と公約した。

そもそも南海トラフ巨大地震とは

太平洋側で起こる巨大地震。マグニチュード9クラスの地震が起こり、静岡、四国、宮崎などは大津波に飲まれ、大きな被害を受けてしまいます。

起きる仕組みは、海側のプレートが陸側のプレートを引っ張りすぎて、元に戻る時の反動で起こります。100年周期で起きており、今がその周期にあたります。現在起きている全国各地の地震は、活断層によるものなので、南海トラフとは関係ありません。

しかしいずれ起きるものなので、最低限の備えは必要となってきます。

南海トラフ巨大地震をまとめると

  • 政府の調査によると死者は38万人と言われている
  • 2022年の段階で発生率は80%に引き上げられた
  • 各時代で南海トラフ巨大地震は発生している

コメント

タイトルとURLをコピーしました